令和2年9月定例会議 代表質問


令和2年9月定例会議に於いて、自由民主党相模原市議団から小野沢 耕一が代表質問を行いました。

主な要旨は、下記のとおりです。

 

  • 【新型コロナウイルス感染症対策について】

事業所税の減免について考えは

減免制度の新設については、国の動向に注視しながら、慎重に判断すべきと考える。

特別定額給付金の支給状況は

9月1日時点で、対象世帯に対する給付率は97.6%、人口ベースの給付率は98.6%となっている。

未申請者への対応は

7月末時点で未申請の約1万 5,000世帯に8月11日に勧奨通知を発送した。高齢者や障がい者など支援を必要とする方々には、市のケースワーカー等が支援をしている。

 

  • 【市政運営について】

本年7月にSDGs未来都市に選定されたが、評価された点は

都市と自然の調和や、人と人が共に支えあい生きる社会の実現に向けた取組などが評価されたと考える。

 

  • 【麻溝台・新磯野第一整備地区土地区画整理事業について】

全体説明会での意見は

地権者や市民から、事業の長期化に伴う補償や相続税等への影響、事業費が増加した場合の地権者負担等について、本事業の経過や現状に対して生活上の不安や要望を頂いた。

 

  • 【台風・豪雨等の大規模災害】

避難場所の増設や、「三つの密」を避けた分散避難の考えは

風水害時避難場所は、従前の53箇所から114箇所に拡充したほか、国・県の施設及びホテル等の活用を図るため関係機関と協議を行っている。

戸別受信機の配備状況は

これまでの津久井地域住家169台配備の他、本年度は藤野地区と相模湖地区に合わせて35台の配備を予定している 。

東日本台風により被害を受けた道路復旧の進捗状況は

国道413号は、 国の直轄権限代行により復旧を終えている。78か所の道路法面の崩落等は、国の災害復旧事業を活用し、8月末現在34件が発注済み、7件の工事が完了している。

 

  • 【親斎条の整備について】

地域要望への取組状況は

串川地域振興協議会へ本市の検討状況を説明し、意見交換を行った。今後も、課題等を整理し、協議会との丁寧な話し合いを継続する。

 

  • 【広域交流拠点のまちづくり】

本市の広域交流拠点整備計画と、国のスーパー・メガリージョン構想のリンクは

リニア中央新幹線の駅設置や小田急多摩線の延伸等を見据え、三大都市圏のスーパー・メガリージョンの形成を促進し、県の「北のゲート」を担う圏域の玄関口としての機能集積に取り組む。

橋本駅周辺地区のまちづくりのスケジュールは

令和9年を目標に必要となる都市基盤の整備に取り組んでいく。

相模原駅周辺整備推進事業について

本年5月に公表したまちづくりコンセプト「多様な交流が新たな価値をうみだすライフイノベーションシティ」を基に、土地利用方針の策定に着手する。

 

  • 【幹線快速バスシステムについて】

事業立ち止りの理由は

事業規模が当初の想定より大幅に拡大したことに加え、大規模商業施設の跡地利用を踏まえた、相模大野駅周辺の交通環境の変化などへの対応が必要となった。

今後のスケジュールは

県道52号の渋滞状況から、急行バス導入による運行時間短縮の効果が見込まれないことに加え、交差点改良に係る事業費の増大等により連節バスの導入が困難なことなど、短期の取組における課題が明確となった。引き続き、費用対効果も踏まえながら、効果的な事業のあり方を検討する。

 

  • 【相模原インターチェンジ周辺新拠点まちづくり事業】

立ち止まりの理由は

事業主体や費用負担の在り方、農業振興上必要と認められる非農用地の規模などの検証に時間を要している。雇用創出につながる工業などの企業立地により、圏央道相模原インターチェンジに近接した立地特性を最大限に生かした土地利用とすることも有効であることから、幅広い視点で、さらなる検討が必要である。

 

  • 【健康な体づくりの推進】

歯と口腔の健康づくり推進に向けた条例制定について

条例については、昨年11月に市歯科保健事業推進審議会において意見を伺った。高齢者が健やかで自立した暮らしを続けていくため、口腔機能の低下、いわゆるオーラルフレイルへの対策は、今後、一層重要になるものと認識している。

 

  • 【(仮称)相模原市人権尊重のまちづくり条例について】

条例の制定理由は

相模原市人権施策推進指針に、より実効性を持たせ、偏見や差別のない人権尊重のまちづくりを進めるために条例の制定に向けて検討している。

 

  • 【津久井地域の医療と教育の今後の方向性について】

津久井地域の医療の提供体制について

安定的な医療提供体制の確保を図るため、地域住民や医療関係者などで構成する検討組織を設置し、運営体制や機能など、6診療所のあり方について、検討していく。

 

【その他の質問】

○議案第83号令和元年度相模原市一般会計歳入歳出決算
○議案第95号さがみはら気候非常事態宣言
○議案第99号相模原市都市公園条例の一部を改正する条例
○議案第104号麻溝台・新磯野第一整備地区土地区画整理事業の工事等に関する費用の一部和解について

*詳しくは、相模原市議会HP録画中継をご覧ください。