宮崎市、日向市を行政視察。


平成29年7月11日~12日、自由民主党相模原市議団総務グループで宮崎市・日向市を行政視察しました。  

  

  

報告日平成29年7月20日
報告者名大槻和弘
参加者名須田 毅、阿部善博、大槻和弘
視察先又は研究会等名称宮崎市、日向市
視察期間又は開催日平成29年7月11日〜12日
場所宮崎市議会委員会室、日向市消防本部会議室
時間宮崎市:7月11日 午後2時〜午後4時  日向市:午前10時〜12時
内容・所見等(7月11日)宮崎市
○ 視察項目:(1)地域防災組織の活性化に向けた「地域防災訓練手引き書」について」(2)SNSアプリを利用した若者施策「アプリケーションソフトウェア公式情報アプリ「20do」について
○ 内容(1)「地域防災訓練手引き書」は、平成28年度にまとめられた「地域防災事例集」を発展させ、停滞している自主防災組織の担当者が訓練の計画を立てられるように、わかりやすく手順をまとめたものです。
(2)「20do」は、SNSアプリを利用し、成人式の参加意思表示を受付け事業の簡略化を成功させ、且つ若者の県外流出ワースト1の宮崎県の状況を改善するため、若者に宮崎の魅力や企業紹介などを積極的に行いIUJターンを促すもので、着実に効果が出ていました。

(7月12日)日向市
○ 視察項目:救急自動車車載カメラ映像伝送による救急医療支援事業について
○ 内容:救急自動車の車内に設置したカメラで撮影した画像やバイタルデータをライブで関係病院に設置されたモニターに一斉送信するもので、車内の救急救命士と病院の医師などとの情報共有ができる事から、傷病者の受入れに資する情報が増え、的確な搬送が可能となっている。
当日は、偶々発生した交通事故で負傷された傷病者の搬送状況を指令室のモニターで見学。また、車載のカメラ、パソコンの状況を実際に救急自動車で確認しました。