市内小学校における「ICT教育と英語教育の現場視察」


現在、市内小中学校においてはGIGAスクール構想により児童生徒一人に一台ずつ貸与されたタブレット端末機を活用した授業を展開しています。

今回は、コロナ禍における視察であることから、会議室等での座学や挨拶は省略し、相模原市立小山小学校5年生の社会科(ICT教育)と英語の授業を2グループに分けて見学しました。

ICT教育では、ほとんどの児童が既にタブレットを使いこなして授業に活用している状況や、各児童がメモを取ったりまとめたりした内容がリアルタイムで共有でき、教諭やクラスメートを意識しながらの授業が行われていること、英語授業では、日常会話や簡単な挨拶等を、ジェスチャーを交え反復的に行うことで「身に付く授業」が行われるよう工夫されていることついて見学しました。

今後も現場の声を積極的に聴取し、新しい体制に相応しい、真に児童・生徒の教育環境向上につながる適切な予算措置要求等ができるよう研鑽に努めて参ります。