平成29年相模原市議会12月定例会議 代表質問


平成29年相模原市議会12月定例会議2日目、自由民主党相模原市議団を代表して阿部善博議員が代表質問を行いました。

主な質問要旨は、以下の通りです。

 

  • 相模原市奨学金条例について

Q他都市の給付型奨学金と比較して特徴は?

A:就学資金の年額10万円は指定都市の中で最高額であり、2020年度には対象者が3学年で約1千人と想定していることから、事業規模は約1億円と見込んでいます。

Q就学援助費の入学援助金について、今回の補正予算により、新中学校1年生に事前支給を行うが、新小学1年生は?

A:「未就学児」が対象となることから、保護者に相当の期間を設け周知等に取り組む必要があります。2019年4月入学の小学1年生から、事前支給が実施できるよう準備を進めています。

  • 超高齢社会に向けた対応について

Q在宅医療と介護連携の推進については?

A:第7期高齢者保健福祉計画において、「(仮称)住宅医療・介護連携支援センター」の設置に向けた検討を進め、医療・介護連携の一層の強化を図ってまいります。

Q寝たきり高齢者等への歯科診療の検討状況は?

A:市歯科医師会が施行的に実施している寝たきり高齢者等への歯科診療事業の来年度からの事業化に向けた支援のあり方について検討を進めています。

Q買い物弱者対策について、今後の取り組みは?

A:モデル地区を選定し、事業者と連携して移動販売事業を試験的に実施する予定です。地域のニーズを把握しながら、買い物弱者の支援にきめ細やかに取り組んでまいります。

Q振り込め詐欺対策の取り組みは?

A:市内では、本年1月から10月までに69件発生し、被害総額は約2憶2千万円で、昨年同時期に比べ16件の増です。引き続き、地域や警察、関係団体との連携を図り、被害の防止に取り組んでまいります。

  • 鹿沼公園の再整備について

Q淵野辺駅南口周辺の公共施設再整備の方向性は?

A:図書館等の公共施設の集約に合わせ、地域の方々や公園利用者からのご意見などをお聴きしながら、地域のシンボルとなるような公園として、具体化に向けた検討を進めてまいります。

  • 美術館の整備について

Q(仮称)美術館(橋本)の整備については?

A:本年9月にサウンディング型市場調査を実施し、参加民間事業者から複数の具体的な提案をいただきました。来年度以降、提案内容を参考に、より具体的な整備内容について検討を進めてまいります。

  • 交通施策について

Q国道16号の渋滞対策については?

A:国や関係自治体、交通管理者で構成する「首都圏渋滞ボトルネック対策協議会」では、鵜野森交差点をはじめとした10箇所の交差点を主要渋滞箇所に位置付けています。国に対し、連続立体化も含め、交通環境の改善に向け要望してまいります。

  • 情報化施策について

Q改元に伴う対応については?

A:改元に伴い、全てのシステムについて何らかの改修が必要になると想定していますが、軽微な対応になるものと見込んでいます。改元に伴うシステム運用に、遺漏の無いよう取り組んでまいります。

  • 政令指定都市移行後の取り組みについて

Q地方交付税の財源確保の取り組みは?

A:指定都市市長会を通じ、地方交付税の法定率の引き上げと臨時財政対策費の廃止について、継続的に要望を行っています。広域交流拠点などの都市基盤整備や、保育所の待機児童対策など、本市の喫緊の課題に対応していくため、国に対しさらなる財政支援を強く求めてまいります。

Q政令指定都市移行10周年に向けた取り組みは?

A:2020年4月の指定都市移行10年という節目に、これまでの取り組みを振り返り、今後の飛躍につながる機会が必要と認識していますので、具体的な取り組みについては、今後検討していまいります。

  • 2020東京五輪・パラリンピックに向けて

Q事前キャンプ誘致の状況は?

A:ブラジル五輪委員会と施設の利用条件等について協議を進めているところです。現在、カナダのボート協会と県立相模湖漕艇場で事前キャンプを行うことについて、協議を進めているところです。

Q聖火リレーの誘致については?

A:現在、大会組織委員会において出発点やルート、期間等が検討されていると承知しています。情報収集に努め、関係機関に要望するなど、積極的に誘致に取り組んでまいります。

  • 統一地方選を見据えた選挙事務について

Q衆議院総選挙を踏まえた取り組みは?

A:10月の総選挙において、二重交付や選挙公報の誤配、期日前投票所の混雑など、不適切な事例を起こしてしまいました。次の選挙執行に向け、確実な処理と開票時間の短縮に効果が見込まれる自書式の投票用紙読取分類機の計画的な整備など、効率的な事務執行に取り組んでまいります。